仮想通貨を聞いたことがある方なら一度は聞くことのある「ブロックチェーン」。

 

これがビットコイン等の仮想通貨を支える重要な技術であることは何となく知っていると思われますが、詳しい仕組みまで分からない方が多いかと思います。

 

今回は仮想通貨を支える技術「ブロックチェーン」について解説していきますね。

スポンサーリンク

ビットコインのブロックチェーンとは?

ビットコインを根本を支える技術「ブロックチェーン」

この技術は「分散型台帳」とも呼ばれます。

 

簡単に解説すればブロックは台帳のことで、この台帳はネットワーク場での取引記録を容量一杯になるまで格納します。

そして次のブロックを生成してドンドン取引記録を格納していきます。

 

このブロックの連続は、過去のブロックの内容を示すハッシュ値と呼ばれる情報を格納していくことで生成されていくブロック群が時系列上に連続した構造になります。

このブロックの連続して過去のブロックとの関係が続くことから「ブロックチェーン」と呼ばれます。

 

また、このブロックチェーンを不正に偽造しようとしても、過去のいくつもあるブロックを変更する必要があり、よほどの強大なコンピューターを持っていない限り不可能とされ、セキュリティの力が高いことが特徴です。

 

他にもブロックチェーンは、セキュリティが高い特徴がいくつもあります。

 

1つ目は、特定の中央集権者がいないことです。

 

ブロックチェーンは分散型台帳と呼ばれる通り、取引をした各コンピューターに分散して取引記録を保管しています。

このため特定の組織を攻撃してビットコインがなくなってしまいました、なんてことは起きません。

 

2つ目は、取引記録をだれもが見れることが可能な点です。

仮想通貨の取引を世界中のすべての人が見ることが可能なため、透明性が非常に高いです。

 

3つ目は匿名性が非常に高い点

ブロックチェーンでビットコインを取引した場合、ユーザーは「ビットコインアドレス」という乱数によって表記されます。

この乱数というのは、逆算しても数式の法則を探っても元の数字を割り当てることができない難易度が高い数字です。

 

以上のような高度なセキュリティ性。

そして透明性と匿名性を持つ「ブロックチェーン」によってビットコインは支えられています。

 

 

ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく解説!

正直、上記の説明では全く分からない方が大半だと思います。
「まあ…すごいんだなぁ」と何となく感じたくらいではないでしょうか?

 

そこではブロックチェーンの仕組みを分かりやすく解説するために、1つ例をあげて説明しますね!

 

今ここで、ブロックチェーンを構成するブロックをパズルの「ピース」と捉えてください。

このピースが、新たな取引が発生していくごとに、どんどん新しいピースが生まれていき、過去のピースとつながっていきます。

 

しかし、ここで悪いヤツが登場しました!

 

この悪いヤツは、過去のピースを自分の都合の良いようにしたいため、別のピースと入れ替えようとしたのです。

つなぎ目もちょうど良い感じで、収まりそうなピースを。

 

ですが、このピースはちょっと変わったピースです。
もし過去のピースを入れ替えようとした時に、前後のピースのつなぎ目が変質してしまうように出来ています。

 

そうすると悪いヤツは、自分が入れ替えようとしたピースを入れ込むことが出来なくなってしまいます。

 

となると、その前後のピースも入れ替えようと試みます。

しかし先ほども解説した通り、前後のピースも入れ替えようとすると、その前後のピースも変質してしまいます。

 

これではいくら経っても悪いヤツは、ピースを入れ込むことは出来ません。

 

このように、ブロックチェーンは過去のピース(ブロック)が改ざんされていないか確認できるよう、常に正常にピースが繋がっているように出来ているのです。

 

ブロックチェーンの容量に上限「ブロックサイズ問題」とは?

2017年夏、ビットコインがハードフォークを引き起こし「ビットコインキャッシュ」が誕生しました。

おそらくまだ仮想通貨やビットコインに詳しくなかった方も聞くことがあったでしょう。

 

このビットコインが、ハードフォークを引き起こした原因とされる一因の中に「ブロックサイズ問題」が指摘されています。

現在ビットコインはブロックチェーンによって成り立っていると先ほど解説しました。

 

では、このブロックチェーンのブロックとは何か?

 

これは取引記録を格納される物です。

この取引記録を格納できる容量を、あなたはご存知でしたか?

 

ビットコインのブロックの容量上限は1MB(1000KB)です。

 

このブロックの容量は、参加者の合意さえあれば変更可能なようですが、それは置いといて、今、このブロックの容量サイズが大きな問題になっています。

 

それはなぜかというと2017年以降、ビットコインの認知度が高まり急激に普及したためです。

 

2017年12月頃には、ビットコインの価格は200万円にまで上昇したことをあなたは知っているでしょうか?

それまで100万円台にまでいっていなかったビットコインが、急激に上昇して200万円以上の価値を持つ通貨になりました。

 

これはビットコインの認知度と利用者が増えてきたことの裏返しともいえるでしょう。

しかし、それが逆に問題を起こしたのです。

 

今まで1MBのブロックサイズで事足りていたのに、取引が急激に進んだことにより、データを格納できるブロックサイズの容量を追い越す勢いが生まれています。

 

このブロックサイズの容量が追いつかなければ、ビットコインは送金手数料が大きいほうを優先的に送金するので、送金手数料が少ないgほうはいつまで経っても送金できない「送金の遅延」と、今度は送金手数料が大きい方を優先するので、「送金手数料の高額化」が発生しています。

 

これに我慢できず飛び出したのが「ビットコインキャッシュ」です。

このビットコインキャッシュは、ブロックチェーンのブロックサイズを8倍にまで拡張してビットコインの問題を解決しようとしました。

 

現在のビットコインは、この問題を重大に受け止めることで、あらゆる施策を施しています。

今後はブロックサイズ問題も解決に向かうかもしれませんね。

 

まとめ

今回は「ビットコインのブロックチェーンとは? 仕組みや容量を解説するよ!」と題して、ブロックチェーンについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

ブロックチェーンの技術は、いまビットコインに縛られることなくさまざまな業界に活かされようとしています。

今後は仮想通貨以外にも見られる機会が一段と増えていきそうです。

 

またブロックサイズ問題の解決も今後は注目です。

 

仮想通貨の上位独占をビットコインが支配を続けるのか、またハードフォークによって生まれたビットコインキャッシュによって取って変わられるのか、今後の行き先に注目ですね!

スポンサーリンク

 

0円起業して投資資金を確保しませんか?

FXなど投資をするには、最低資金となる種銭も必要になってきます。

 

やはり投資と名がつくものにはリスクが付きものですので、万一失ってもいい余裕資金で運用したいですよね。

 

もしお給料のほかに、あと5万・10万円増やせたら、リスクを気にせずもっと気楽に投資できますよ。

 

「でも、どうやって増やすの?」

あなたはこう思うかもしれません。

 

実はネットを使える環境があれば、PC初心者の方でも無理なく稼げる方法があるんです。

 

あなたも0円起業して投資資金をネットで稼いでみませんか?

 

いまなら無料で教材とツールがコンテンツページからダウンロード可能です。

 

教材とツールの内容は・・・

・たった1週間で1日1万3734円稼いだ究極ブログアフィリノウハウ&ツール

・たった2週間で1日3万5777円稼いだyoutubeアフィリノウハウ&ツール

・月収100万円以上稼いだダイレクトレスポンスマーケティング教材

・amazonの電子書籍で稼ぐノウハウ など

 

こちらの内容にプラスして、日数無期限&回数無制限のサポートも完備し、たいへん豪華な内容になっています。

 

実際にこちらは9万9000円で販売していたもので、実績報告が続出しているノウハウなんですよ。

いまなら期間限定で無料配布中です!

 

ちなみにこちらのサポート付き教材とツールは、今後予告なく有料に戻ってしまう可能性もありますので、いまのうちにダウンロードしておいてくださいね。

 

あなたもネットで稼げるノウハウやスキルを手に入れて、運用資金を確保していきましょう!

 

下記のリンクからメルアドを登録して、サポート付き人気教材を受け取ってくださいね!

*いつでもメルアドは解除できます。ご安心くださいね。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

スポンサーリンク