こんにちは。

ヒロです。

 

今回は加藤貴 大仏せどり「SLマスターセミナー」の

検証レビューをしますね。

 

その案件がこちら。

http://auction-master.com/letter/a/dibtyt1/

 

この記事を読んでくださっているということは

「SLマスターセミナー」のLPをもうご覧になったと思いますが

どう思われましたか。

 

「年商1億円をたった一人で稼ぐ」

オークションマスターが考案した

大仏せどり

「仕入れ原価の25倍でバカ売れ!」

月収800万円オーバーの異次元転売ビジネス

 

ということなのですが

私がこのLPを見て皆さんにお伝えしたいのは

さきのことがわからないセミナーには参加しないほうがいいですよ

ということです。

 

そう思った根拠をこれから説明しますので

ぜひお読みくださいね。

 

特定商取引法に基づく表示

記載なし

 

加藤貴 大仏せどり のしくみとは?

 

ビジネスモデルは、せどり(物販)です。

「大仏せどり」と大仏を前面に打ち出していますが

 

大仏だけ販売しても

頭打ちが来ます。

大仏だけでは月収800万円には届きません。

 

ということなので大仏だけを販売するわけではありません。

 

せっかくお越し頂くからには、

大仏だけでなく飛躍的に稼げるジャンルを

今回のセミナーでだけお話します。

 

そして

 

あなたの夢はもう叶いましたか?

お金があればアナタの夢、抱える問題

その99.9%は解決します。

 

だから

 

稼ぎたいなら私のセミナーに参加すべし!

と、セミナーへの参加を強くすすめています。

 

ではそのセミナーの内容は?

 

私の意見だけだと実感がわかないと思うので
私の教え子たちをご紹介させて頂きます。

 

ということで

教え子だというかたが5人登場し

加藤貴さんへの感謝の言葉を述べておられますが

 

皆さん一貫して「物販」と言っているので

ビジネスモデルは「物販」なのは間違いないでしょう。

 

一般的に物販はネットビジネス初心者でも

比較的稼ぎやすい分野だといわれていますが

物販ならではのデメリットがあります。

 

ところが加藤貴氏の物販のノウハウはそれらのデメリットが

すべてクリアされているのです。

・店舗に仕入れに行かない

・作業なし

・パソコンに張り付かない

・複雑なリサーチをしない

・出品作業に時間をかけない

・赤字リスクなし

・仕入れ資金不要

・作業時間は1日30分未満

・仕入れの支払いは入金後

・初月で5万利益、余裕でしょ

 

以上10項目もあるのですが

大事なところなので

あえて挙げてみました。

 

これが本当なら

加藤貴氏は物販の考え方を根底からくつがえすような方法を

発見したのでしょうか?

 

これからこの物販の改革?について検証しますので

読んでみて下さいね。

 

加藤貴 大仏せどりはほんとに完全放置で稼げるの?

加藤貴氏に教えてもらったノウハウを実践すれば

 

「仕入れ原価の25倍でバカ売れ」するノウハウを

人数限定ですが、無料で教えます!!

 

ということなのですが

 

私の中では、他に類をみない

強烈なビジネスモデル

何が正しくて、何がダメなのか

そして、何をやっていけばいいのか、必ず結果を出す、

稼ぐ方法を詳しく説明

 

して下さるそうです。

 

そして、交通費をかけて時間を割いて来て下さる方のために

 

セミナーは当然無料にさせて頂きますし、
圧倒的な特典もご用意させて頂きます。

 

ということでなのですが

 

その圧倒的が特典が

物販の考え方を大きく変えるようなものなのか?

と期待しますよね?

 

その特典とは

1.年収1億円オークションマスターが教える

SLマニュアル(ヤフオク編)

「これ一つあれば今すぐにでもヤフオクを使った物販ができます」

という代物

2.SLツール(ヤフオク編)

これは外部に販売はいっさいしていない弊社独自のツールで

売り上げ管理から入金管理、出品、受注発注、配送後の連絡から評価まで

すべてツール内で完結できる

という大変優れたツールのようです。

 

つまり、物販で大変な管理や作業は

すべてツールがやってくれるということのようです。

 

このツールが本物かどうかは

実際にもらって内容を確認してみないと

なんとも言えませんが

 

売り上げ管理から入金管理、出品、受注発注、配送後の連絡から評価まで

すべてツール内で完結できる

という点に関しては

実際にこれらを自動でやってくれるツールをつくるのは

可能ですね。

 

梱包や発送作業はアマゾンなどにこの作業込で契約すると

やってくれますしね(費用はかかりますが)。

 

ここで一つ疑問がわきませんか?

加藤貴氏は、セミナーが無料のうえ

これらの特典もすべて無料で差し上げます

と明言しています。

 

さらに秘密の内容があり、それはセミナーで・・・

ということです。

 

これ以外に参加費や受講料などが何もかからないのであれば

加藤貴氏は何のためにこのオファーをしたのでしょうか。

 

無料のセミナーに参加して無料の特典をもらって

そのまま帰れないような気がしませんか?

 

これ以外に一切費用はかかりませんとは言っていないですし

高額なバックエンドが待ち構えていると考えるのが正解でしょう。

 

まとめ

加藤貴氏の大仏せどりSLマスターセミナーについて

・その仕組み

・ほんとうに稼げぐことができるのか

・特定商取引法において違反はないのか

について検証してきましたが

 

結論は

信用に値するだけの根拠がない

ということになりますね。

 

無料のSLマスターセミナーに参加すると

無料の特典がいただけるというのは

本当のようですが

 

無料の特典が本物なのか

最後まで無料なのか

(高額のバックエンドがあるのではないか)

という疑問は残りますね。

 

加藤貴氏を信用しきれない理由の一つには

特定商取引法の記載が何もないという

自分の活動の根幹を明らかにしていないことがあります。

 

「最後に」 ということで

加藤貴氏のこのプロジェクトについての思いを

熱く述べていますが

 

最低限必要なルールを守っていない加藤貴氏が

本気で参加者のことを考えてるの?

と反論したくなりますよね。

 

こんないいかげんなプロジェクト

あなたは信用できますか?

最初は無料でも後がこわいSLマスターセミナーに

あなたは参加するのですか?

 

ここでよく考えてみてください。

 

SLマスターセミナーのような

本物かどうかが不明なプロジェクトではなく

 

間違いなく本物だと推薦できる塾がありますよ。

 

ネットビジネスで本気でがんばろうと思っているあなたに

きっと役に立つ塾がありますよ。

 

稼ぐためには稼げるようになるためのノウハウを

手に入れる必要があるのです。

 

私も現在ここで学んでいますが

本物の技術を教えてもらえるところであることを日々実感しています。

学びたいと思う参加者には

最高の環境を提供してくれています。

 

だからやる気があって実行する人は

続々と成果を出しています。

 

あとはあなたのほんの少しの勇気と実行力があれば

一歩を踏み出せるのです。

 

このリンクをクリックして

教材を受け取ってくださいね。

↓  ↓  ↓  ↓

コンテンツマスター塾ZERO

無料で教材を受け取るチャンスです。

 

0円起業して投資資金を確保しませんか?

FXなど投資をするには、最低資金となる種銭も必要になってきます。

 

やはり投資と名がつくものにはリスクが付きものですので、万一失ってもいい余裕資金で運用したいですよね。

 

もしお給料のほかに、あと5万・10万円増やせたら、リスクを気にせずもっと気楽に投資できますよ。

 

「でも、どうやって増やすの?」

あなたはこう思うかもしれません。

 

実はネットを使える環境があれば、PC初心者の方でも無理なく稼げる方法があるんです。

 

あなたも0円起業して投資資金をネットで稼いでみませんか?

 

いまなら無料で教材とツールがコンテンツページからダウンロード可能です。

 

教材とツールの内容は・・・

・たった1週間で1日1万3734円稼いだ究極ブログアフィリノウハウ&ツール

・たった2週間で1日3万5777円稼いだyoutubeアフィリノウハウ&ツール

・月収100万円以上稼いだダイレクトレスポンスマーケティング教材

・amazonの電子書籍で稼ぐノウハウ など

 

こちらの内容にプラスして、日数無期限&回数無制限のサポートも完備し、たいへん豪華な内容になっています。

 

実際にこちらは9万9000円で販売していたもので、実績報告が続出しているノウハウなんですよ。

いまなら期間限定で無料配布中です!

 

ちなみにこちらのサポート付き教材とツールは、今後予告なく有料に戻ってしまう可能性もありますので、いまのうちにダウンロードしておいてくださいね。

 

あなたもネットで稼げるノウハウやスキルを手に入れて、運用資金を確保していきましょう!

 

下記のリンクからメルアドを登録して、サポート付き人気教材を受け取ってくださいね!

*いつでもメルアドは解除できます。ご安心くださいね。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

スポンサーリンク