「億り人」という言葉は誰でも一度は聞いた事あるのではないでしょうか。そうです、仮想通貨で億万長者になった人たちの事を言います。「本当にそんな事があるのか?」と聞かれそうですが

あるんです!!

 

億り人達の中には無料でビットコインを手にして、それを持っていただけで数千万円の価値になった強者もいるくらいです。(世の中本当に何が起きるかわからないですね…。)

ビットコインやイーサリアムのようなメジャーなコインは、これから何百倍にも上がる可能性は低いでしょう。なぜなら、「既に価値が上がってしまった」からです。価値が上がればみんなに注目され、数倍に上がったとしても数百倍に価値が上昇する事は考えにくいのです。

 

なので、「億り人になりたいけど、今からどうしたらいいの?」と思っている方に、草コインを扱う日本・海外取引所はどこなのか?2018年おすすめの草コイン銘柄を選定してご紹介していきますね!

スポンサーリンク

草コインの意味、アルトコインと違いがあるの?

「草コイン 画像」の画像検索結果

草コイン = 価値無しコインwww

草コインは元々「失笑する・笑ってしまうような価値の少ないコイン」を意味します。ネット用語で 「ww」=「笑い」ですからこの「ww」を草に例えて草コインと呼ばれるようになりました。

アルトコイン = ビットコイン(BTC)以外のコイン

アルトコインはビットコイン以外のコインを指します。有名なイーサリアムやリップルなどはもちろん、マイニングのための仮想通貨バースト(Burst)や、スポーツと賭博プラットフォームのために開発されたウィージャー(Wagerr/WGR)のような、非常にマイナーなコインまでアルトコインと呼びます。

 

ここで疑問に思うのが、アルトコインと草コインがかぶってしまう点です。

草コインは価値の少ないコイン、つまりランキング100以下のようなマイナーなコインを指しますが、同時にアルトコインはビットコイン以外のコインですから、アルトコインと草コインは同じではないのか?と誤解されてしまいます。

草コインの定義は曖昧

草コインの定義は曖昧なのです。人によってはランキング10以下の事をいう場合もあれば100以下の場合もあります。

実際「草コインとアルトコイン」の意味はかぶることもあります。一般的には草コイン=価値の少ないコインアルトコイン=ビットコイン以外のコイン、と定着されています。

草コインは将来的に数百倍の価値も見込める…。

草コインは現在”価値の少ないコイン”だと定義されていると言いました。

言い換えれば、草コインはその分価値があがる可能性を秘めているということです。今から数百倍の価値になる仮想通貨は草コインがねらい目ということですね。

ただし、当然リスクも

投資はいかなる場合でもリスクがつきものです。

確かに数百倍の価値になる可能性もあるとはいっても、多額の投資をしたにも関わらず、最悪の場合そのコインが消失してしまう可能性もあります。(正しくは誰にも見向きもされないような、ただのプログラム・プラットフォームになってしまう)

1円にさえも値しない、0.00001円の石ころのような価値になってしまえば、その分損失額は増えてしまいますので注意が必要です。

 

草コインを日本・海外で銘柄選定・2018おすすめ取引所

「草コイン 画像」の画像検索結果

 

それでは2018年現在で、そんな数百倍の価値が見込める草コインの銘柄を扱っている仮想通貨取引所を選定していきましょう。

日本で草コイン銘柄を扱っている仮想通貨取引所

残念ながら結論からいうと日本で草コインを扱っているおすすめ取引所は無いです!(笑)

 

というのも日本国内での取引所が扱っているコインは、どれもランキング10位に入っている信用の高いコインばかりだからです。
(リスクが怖い…。という日本人特有の国民性が入っていますよね…。)

なので、日本の仮想通貨取引所で一度ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などのメジャーコインを購入して海外取引所へ送り、その海外取引所で取引をするのが将来価値あり草コインを入手できる一番てっとり早い方法です!

 

まずは日本円でビットコインかイーサリアムを購入していつでも送金できるように準備しておきましょう。日本の仮想通貨取引所でイーサリアム(ETH)を買うなら、bitFlyer(ビットフライヤー)とZaif(ザイフ)がおすすめです。

*bitFlyerはこちらをどうぞ

追記:6月22日ビットフライヤーは金融庁より業務改善命令をうけ新規登録を一時停止中です。

 

*Zaifはこちらをどうぞ

 

海外で草コイン銘柄を扱っている仮想通貨取引所

これも結論は簡単です。「バイナンス(Binance)」の一択です。

取引量・登録ユーザー数は世界でもトップクラス。日本国内最大手のビットフライヤー(bitFlyer)の登録者数が、2018年5月に200万人を突破しました。一方バイナンスは3倍の600万人です。

2018年5月には、拠点を香港からマルタ島へ変え中国政府の規制から外れたということもあり、登録者数はますます増えていくに違いありません。

 

バイナンスの草コイン・アルトコイン

バイナンスで扱っている草コイン・アルトコイン銘柄は200種類を超えます。

草コインで将来爆発するコインを狙うのであれば、時価総額ランキング100以下のコインをチェックしてくださいね。

価格上昇で一躍有名になった一つが「Verge/XVG」です。2017年12月12日では1XVG=1円でした。それが10日後の22日前後には30円になっています。

たった10日間で30倍も値段が上がっています。10万円が10日間寝て待つと300万円になっているという恐ろしさ…。これが味わえるのが草コインです!

 

またvergeだけではなく、Nano(ナノ)、Vechain(Ven)、WaltonChain(WTC)なども価格が爆上げした草コインでも有名です。しかもこのコインはバイナンスに上場したことがきっかけです!

*Nanoについてはこちらをどうぞ

 

つまり、バイナンスに登録しておけば、いつでも爆上げ草コインを上場時に購入できるチャンスがあります!草コイン銘柄の選定に困った場合には、まずバイナンスで将来価値がある草コイン銘柄を選定してみましょう。

 

個人的には、Omise Go(オミセゴー)という銘柄が、2018年狙い目とおもっています。草コインというより、いま時価総額22位なのですでに実力派のアルトコインですが、今後が楽しみですね。

 

まとめ

今回は「草コインを取引所/日本・海外で銘柄選定・2018おすすめとは!」と題して、草コインについてご紹介しましたが、いかがでしたか。

メジャーなコインは今後何百倍の価値が狙う事が難しいですが、草コインならばまだまだ可能性はあります。草コインそれぞれのプログラムの特徴や価格の推移などを研究しながら、まずは2018年内に価値がある草コインを選定してみましょう!

2018年も億り人になる人が現れるかもしれませんね。

スポンサーリンク

 

0円起業して投資資金を確保しませんか?

FXなど投資をするには、最低資金となる種銭も必要になってきます。

 

やはり投資と名がつくものにはリスクが付きものですので、万一失ってもいい余裕資金で運用したいですよね。

 

もしお給料のほかに、あと5万・10万円増やせたら、リスクを気にせずもっと気楽に投資できますよ。

 

「でも、どうやって増やすの?」

あなたはこう思うかもしれません。

 

実はネットを使える環境があれば、PC初心者の方でも無理なく稼げる方法があるんです。

 

あなたも0円起業して投資資金をネットで稼いでみませんか?

 

いまなら無料で教材とツールがコンテンツページからダウンロード可能です。

 

教材とツールの内容は・・・

・たった1週間で1日1万3734円稼いだ究極ブログアフィリノウハウ&ツール

・たった2週間で1日3万5777円稼いだyoutubeアフィリノウハウ&ツール

・月収100万円以上稼いだダイレクトレスポンスマーケティング教材

・amazonの電子書籍で稼ぐノウハウ など

 

こちらの内容にプラスして、日数無期限&回数無制限のサポートも完備し、たいへん豪華な内容になっています。

 

実際にこちらは9万9000円で販売していたもので、実績報告が続出しているノウハウなんですよ。

いまなら期間限定で無料配布中です!

 

ちなみにこちらのサポート付き教材とツールは、今後予告なく有料に戻ってしまう可能性もありますので、いまのうちにダウンロードしておいてくださいね。

 

あなたもネットで稼げるノウハウやスキルを手に入れて、運用資金を確保していきましょう!

 

下記のリンクからメルアドを登録して、サポート付き人気教材を受け取ってくださいね!

*いつでもメルアドは解除できます。ご安心くださいね。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

スポンサーリンク