「今リスクが熱いんです!」なんて言われると

「は!?だから仮想通貨はリスクがあるから嫌なんじゃん!」なんて言わないでくださいね…。

 

違うんです。リスクはRISKではなく「LISK」です!

実は今話題の仮想通貨の一つ!ビットコインやリップルは良く取引をしていて仮想通貨に精通している人でも、リスク(LISK)なんて聞いたことがないんじゃないでしょうか!

 

今回は今ツイッターで話題の仮想通貨、リスク(LISK)について、購入方法・買い方など紹介したいと思います!

アルトコインもまだまだいくらでも可能性ありますよ!

 

仮想通貨 リスク(LISK)とは?

 

リスク(LISK)の一番の特徴は「サイドチェーン」が使われているということです!
サイドチェーンとはいわゆるみんなが持っている銀行通帳みたいなものだと思ってください。

 

仮想通貨を売買する時の経緯だったり移動の経緯を記録するシステムをブロックチェーンと言います。

 

例えば、ATMでバイトの給料が入金されたり引き出したりしたらデータが残ります。

「バイト先から入金がはいったー!」というのは残高照会とかパソコンの入金・出金チェックで確認できますね。

それがメインチェーンだとしましょう。

 

でも仮にすべてのATMが故障して自分の口座も凍結してなにも残ってなかったらどうしますか?

 

銀行にいって

「口座に100万円入ってたんです!ATMで毎月引き下ろしてたんです!」

といっても銀行の人は

「いや…。ATMでももう記録がないし、口座ももう使えない状態じゃないですか…。」

って言われたらどうしようもできませんよね。

 

でも通帳をしっかり記録していたらどうでしょう。

「〇月〇日に〇〇が入金した」という記録がしっかり別のものに記録されているんです。秒単位で。

そう!それが「サイドチェーン」です!

 

また、仮にメインチェーンが故意に変えられたらどうでしょう。

「〇〇さんから〇〇さんへ100億円送金!」という記録を勝手にメインチェーンに記載されたとすると、やられたほうはたまったものではありません。

 

しかし、メインチェーンは基本的には一度書かれた記録は変えられないのです。

つまり、誰かが故意に情報を変えてもそれを編集することはできませんし、それを新たに書き換える事はできないのです。

 

なのでサイドチェーン、つまり「別の通帳でもしっかり記録を残しておく事にしましょう!」というプログラムが入っていることにより管理能力や危険回避ができるということですね!

安全性が高いわけです!

 

総数量と仮想通貨の価値って密接に関係しています!

リスク(LISK)のもう一つの特徴としてあげられるのが「総数量」です。

実はこの世の中にあるビットコイン(BTC)は発行数が決まっています。

2,100万BTC以上は増えないのです。

 

どんなに難しい方法を考えたり新しいマイニング方法が生まれても、ビットコインは2,100万枚が上限です。
それに比べリスク(LISK)は上限がないんです。

 

つまり、誰でも簡単に手に入れて実用性が高まります。

コインが普及すれば普及するほど日常生活になじみのあるものになるでしょうから、その分価値が上がる可能性は十分にあるかもしれませんね。

 

プログラムが読める人が多い=汎用性が高い!

また、リスク(LISK)はJavascript言語で作られている事から汎用性が広いんです。
Javascriptはプログラマーの人ならだれでも知ってるようなメジャーな言語です。

 

ウェブページを開いたときにアイコンが動いたり、マウスでクリックしたら形が変化するようなボタンにはほとんどJavascripが使われているんですよ!

LISKに問題が起きたときはいつでもプログラマーの人に任せれば、解決できちゃう可能性が高いっていうことです!

 

仮想通貨 リスク(LISK)がツイッターで話題!

 

そんなリスク(LISK)ですが、今ツイッターで話題上昇中なんです!

 

見てわかるようにたくさんの人がツイートしているんですね!仮想通貨のチャートはツイッターからのコメントで大きく変化します。

 

また、リスク(LISK)はツイッター内でもプレゼント企画が多く行われているので無料でゲットできることも可能です!

 

ただし、「無料で手にいれるためにはまずはETHを送る必要があります」みたいに「もらうためには〇〇コインを送る必要がある」系は、ほとんどの場合が詐欺ですから気を付けてください。

 

多くの人がツイッター内で取引上場のうわさや情報をツイートしてます。

ニュースではなくツイッターの方が情報が早いことも実際は多いのです。

仮想通貨の情報を仕入れるには、ツイッターで話題をつかみとるのもいいですね。

 

仮想通貨 リスク(LISK)の購入方法・買い方とは?

 

続いて、仮想通貨リスク(LISK)の購入方法・買い方をご紹介しますね!

 

仮想通貨リスク(LISK)はねらい目アルトコインであるにも関わらず、国内で買えてしまうのがまた一つ良いところ。
多くの人が使っているbitflyerで購入できます。買い方も超簡単です!

 

■bitFlyer

既にbitFlyer(ビットフライヤー)の口座を持っている人も多いと思います。

「口座はあるけどLISKなんて知らなかったっす…。」っていう人はぜひ買っちゃいましょう!

短期ではなく長期的に考え保有するのは十分ありです。

 

ビットフライヤーについてはこちらもどうぞ↓

ビットフライヤーのログインボーナスがもらえない時とアプリの使い方

 

そのほかでリスク(LISK)が購入できる取引所を紹介します。

 

■changelly
チェコの会社が立ち上げた取引所です!っていっても両替所といったほうが適切です。

アルトコインからアルトコインにチェンジ(リー!)できるのです。
手数料も0.5%であることから最近は注目されてきています。

 

■Poloniex
アメリカの仮想通貨取引所です。

扱っているコインの種類は100種類以上で、日本だけではなく世界的にも注目されている取引所です。
また、取引量も非常に多いので売買が成立しやすいというのも特徴です。

 

■bittrex
こちらもアメリカの取引所交換所です。
扱い通貨は200種類以上、コインだけではなくトークンも取引可能なので有名です。

 

■Binance
中国の仮想通貨取引所です。

日本ではあまり聞きなれていませんが手数料も安く、
扱いコイン数も100種類を超える事からコイン投資家からは評価が高いです。

将来価値があがるだろうと予想されているアイオータ(IOT)やトロン(TRX)が取引できることでも、名を馳せています。

 

今後マイナーなアルトコインも購入したいのであれば海外取引所でもいいですが、リスク(LISK)を買うのであれば日本のbitFlyer(ビットフライヤー)が一番おすすめです。

 

やっぱり円で交換できるのは安心ですし、いちいち仮想通貨どうして交換するのはちょっとだけ手間がかかります。

残念ながらZaifやコインチェックでは取引できませんので、リスクを購入したいのであればぜひbitFlyerで手に入れましょう!

 

まとめ

今回は「仮想通貨 リスクがツイッターで話題!購入方法・買い方とは?」と題して、仮想通貨リスク(Lisk)をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

「今まではビットコインやイーサリアムだけだったけど…。」みたいな方は特におすすめです。
仮想通貨は今後も必ず伸びてきます!将来は国家レベルで仮想通貨が使われるかもしれません。

 

しかし、価値はどんどん上がっていく一方。

今のうちに所有しといて将来に使う事もできますし、売却することもできます。
サイドチェーンによるセキュリティーやツイッターによる知名度上昇の点からしても、リスクはおすすめできる仮想通貨ですよ!

 

ストレスなし!「自分で稼ぐ」を体感しませんか?

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

これからもあなたがストレスなしで自分の力で稼げる情報を出し惜しみなくご紹介しますね。

 

これからも末永くどうぞよろしくお願いします!

 

リコの公式LINE@に友だち追加していただいた方に

 

ほぼ投資スキルなしの私でも日給10,000円以上も可能な

 

FX自動売買ツールを限定でプレゼントしています。

 

あなたも月利35%超えのFX自動売買ツールで稼いでみませんか?

 

プレゼントは限定数を達したら突然締め切る可能性もあるので、お早めに手に入れておいてくださいね。

 

いまなら期間限定で無料配布中です!

 

下記はプレゼントが受け取れる公式LINE@のQRコードです。

 

スマホの方はこのQRコード画像を保存して→LINEの友だち追加からQRコードを選択→左下のライブラリから保存しておいたQRコードを選択→追加を押してくださいね。

 

ID検索もできます!⇒LINE@ID: @298gpefx

 ↓  ↓  ↓  ↓