最近よく耳にする仮想通貨。あなたも一度はテレビやニュースで見たことがあるんではないでしょうか。

 

仮想通貨とは仮想上の通貨で、いわゆる電子データによる通貨の事をいいます。簡単にいうと、インターネット上で売買されているようなポイントみたいなものだと思っておきましょう。

 

そのポイントみたいな目に見えないものをインターネット上で売買しているのです。世界のテクノロジーは本当に進みましたよね。目に見えない価値のあるかわからないものを売買して、儲けを出している人もたくさんいるわけです!

 

さて、ビットコインやリップルをそこらへんで見かけますか?当然ながら日常生活で目にすることはないですが(笑)

 

この仮想通貨を買うのは、仮想通貨の取引所で購入します。取引所はいくつかあります。今日はその中でもみなし業者と登録業者がなんなのか紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

仮想通貨のみなし業者とは? 

仮想通貨に対して悪いイメージがつき始めたのは2018年1月。この時、ニュースでも度々取りざたされていましたが、NEM(ネム)という仮想通貨が流出したのです。

 

いやいや目に見えない通貨がどうやって流出するのか、という質問が飛んできそうですが、コインチェック社という会社の金庫にあった円やドル、ユーロと同じように、お金として扱われているNEMという通貨が、580億円分ハッキングによって盗まれた、といえばなんとなくわかるでしょうか。

 

NEMについてはこちらもどうぞ

 

もともと、2017年4月にはすべての仮想通貨取引所は金融庁に、「仮想通貨の取引に関係する業務を行うならば報告しないとだめです!」という制定がなされました。

 

この制定がなされる事によって仮想通貨の取引所を開くならば、登録して承認されなければ営業を行ってはいけない、というものです。

 

ただ、それまで普通に運営していた仮想通貨業者は困ってしまいますよね…

ということで、2017年以前に営業をしていた仮想通貨業者は、登録さえすれば期限を決めずに営業ができるという決まりができました。

 

2017年4月以降、仮想通貨の取引所を営業したいのであれば、金融庁に登録を申請して、しっかりオッケーと言われないと営業はしてはいけません。 2017年4月以前に登録を申請さえしていれば、とりあえずは無期限で営業することを許されました。

 

つまり、国の制定があってそれを満たしているのかどうかもわからないが、営業の「みなし」を受けた業者なのです。

 

なので、これらの業者を「みなし業者」と呼びます。2017年4月時点でみなし業者は全部で16社存在していました。コインチェック社もその1社でした。

 

仮想通貨のみなし業者に登録期限や営業停止も!

 

そんなかんやで2018年1月にNEM流出事件が起きたのです。

 

なんだか当然ですよね。だってそこらへんの安っちいパソコンで、350億円という大金を管理していたかもしれないのに「もうそっちが先にやっちゃったからとりあえず許す!」っていう状態が半年以上続いたんですもん…。

 

それを見たハッカーも「あー。これいけるかも」って思うかもしれないじゃないですか(笑)

 

 

と、いうわけでこの事件をきっかけに金融庁は、仮想通貨に対して新たな委員会を発足しました。大学の教授や弁護士、大手銀行員の部長など名だたるメンバーばかりです。

 

2018年4月10日に行われた第1回研究会では、「いつまでもみなし業者を営業させておくことは危険だし、みなし業者には登録をさせる期間を定めたほうが良い。また、しっかり登録として許可を得た業者に関しては、なんらかの共通するマークを掲げさせたらどうか」ともっともな提案がなされました。

 

うん。超ごもっとも。いつまでも野放しにしてらんないですしね。そこで一層管理が強くなってきました。

 

取引業者の審査に立ち入りをしたら、なんと次々とシステムの脆弱性や管理不足が明るみに出たのです。

下記の業者は実際に金融庁が立ち入り、営業停止命令を下したみなし業者です。

FSHO(横浜)

ビットステーション(名古屋)

ブルードリームジャパン(岐阜)

 

ビットステーションなんて刑事告発されているし(笑)

部長ともなる人がお客さんから集めた仮想通貨を私用で使っていました…。(きっとNEM流出が起きてから、今年ソワソワして一番眠れなかった人1位に認定)

 

金融庁が調査に立ち入るとどんどんみなし業者が営業停止命令、もしくは業務改善命令

が下されました。

 

実は、一方で「登録業者」も2018年4月現在16社あります。

要は、2017年4月時点で既に営業していた業者は「みなし業者」。2017年4月以降から事業を始めようと思っていた仮想通貨業者は登録をして事業を行わないといけません。

 

登録をして審査を通った「登録業者」が現在16社あるんです。その登録業者のうち、みなし業者から登録業者として認められた業者は1社もないんです。

 

なので、ぶっちゃけいうと、みなし業者は登録業者になるまで運営しちゃダメだよっていうことを、早く決めちゃえばよかったんだとおもうんですよね。

 

仮想通貨を取引したいのであれば登録業者がいるので登録業者に全部お願いしよう!でいいと思うんです。もちろん既に取引所に預けてしまっているコインはなんとかして移さないといけないんですけど…。

って今更言ったってもうしゃーない…。

 

まとめ

今回は「仮想通貨 みなし業者とは? 登録期限の提案や営業停止も続々と!」と題して、仮想通貨のみなし業者についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

なんとなーく最近の仮想通貨業界わかってきたでしょ? あと、調べていくと人間が欲にあふれてるなーとも感じました(笑)

口座開設するときは本当に気を付けてくださいね!せっかくお金預けていたのに気づいたらなくなっている…。では笑えませんから…。

仮想通貨の背景などもしっかり勉強しながら、楽しんでいければいいんじゃないかと思います!(๑˃̵ᴗ˂̵)و

スポンサーリンク

 

0円起業して投資資金を確保しませんか?

FXなど投資をするには、最低資金となる種銭も必要になってきます。

 

やはり投資と名がつくものにはリスクが付きものですので、万一失ってもいい余裕資金で運用したいですよね。

 

もしお給料のほかに、あと5万・10万円増やせたら、リスクを気にせずもっと気楽に投資できますよ。

 

「でも、どうやって増やすの?」

あなたはこう思うかもしれません。

 

実はネットを使える環境があれば、PC初心者の方でも無理なく稼げる方法があるんです。

 

あなたも0円起業して投資資金をネットで稼いでみませんか?

 

いまなら無料で教材とツールがコンテンツページからダウンロード可能です。

 

教材とツールの内容は・・・

・たった1週間で1日1万3734円稼いだ究極ブログアフィリノウハウ&ツール

・たった2週間で1日3万5777円稼いだyoutubeアフィリノウハウ&ツール

・月収100万円以上稼いだダイレクトレスポンスマーケティング教材

・amazonの電子書籍で稼ぐノウハウ など

 

こちらの内容にプラスして、日数無期限&回数無制限のサポートも完備し、たいへん豪華な内容になっています。

 

実際にこちらは9万9000円で販売していたもので、実績報告が続出しているノウハウなんですよ。

いまなら期間限定で無料配布中です!

 

ちなみにこちらのサポート付き教材とツールは、今後予告なく有料に戻ってしまう可能性もありますので、いまのうちにダウンロードしておいてくださいね。

 

あなたもネットで稼げるノウハウやスキルを手に入れて、運用資金を確保していきましょう!

 

下記のリンクからメルアドを登録して、サポート付き人気教材を受け取ってくださいね!

*いつでもメルアドは解除できます。ご安心くださいね。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

スポンサーリンク