仮想通貨は好きですか?

私は大好きです!!

仮想通貨といえばビットコイン、イーサリアムなんかが有名ですね。

 

仮想通貨トップ10をすべて把握しているようなコインマニアは、NEO(ネオ)の事についても詳しいんではないでしょうか?

もしあなたが知らないのであれば絶対に知っておくべき、今回はNEO(ネオ)について紹介したいと思います!

 

仮想通貨NEO(ネオ)とは?

 

あのビル・ゲイツとジャック・マーも?

ネオとは中国で生まれた仮想通貨です。

2015年10月にICOで一般公開されました。

当時は「アントシェアーズ」という名前で一般公開されましたが、現在ではNEO(ネオ)という名前に変更されています。

 

「仮想通貨には全く興味ないでーす。」という人でもビル・ゲイツのマイクロソフト社、ジャック・マーのアリババは誰でも聞いたことがあるでしょう。

 

世界的に見て、2大勢力と提携をしているのがネオの特徴です。
提携した事が発表されその価値がぐんと伸び、現在2018年5月1日時点では仮想通貨価値として10位まで上昇しています。

 

NEO(ネオ)はスマートコントラクト技術を採用

また、NEO(ネオ)はスマートコントラクトの技術を用いています。

直訳すると、SMART=賢い・CONTRACT=契約です。

 

スマートコントラクトとは、ブロックチェーンのチェック化を自動化させるというものです。
つまり仮想通貨の売買を行う上で、第三者に確認してもらわないといけなかったものを自動化するシステムですね。

 

例えば会社と会社が取引を行い契約書を取り交わしても、その2社だけが見れる契約書だったら意味がないわけです。
最悪、2社間だけであれば口約束でもいいわけです。

 

「今回の契約100万円にしよっか!」と社長同士で納得してればその時に思いついたものでもいいのです。

 

しかし、後から支払う側が100万円ももっておらず、「やっぱり10万円しかないから10万円にしよ!100万円ってむりむり!」って言ったとしましょう。

そうなると受け取る側の社長は困ってしまいます。

「え、100万円っていったじゃん!」と…。

なので正式に「100万円で私たちは取引を交わしましたよ」と紙ベース(契約書)で契約を取り交わし、それを第三者が認識・確認することで 契約書というのは成り立っているのです。

 

例えば片方が契約書と違う内容を行っていても、契約書を取り交わし紙ベースで残したので、弁護士さんや会社の法務、いわゆる第三者が契約書の内容を確認することによって、この2社はお互いに合意して「100万で取り交わしたんだな」と、初めて契約関係が成り立つわけです。

 

その第三者の確認を自動化したもの、これがスマートコントラクトです!

ちょっと難しいですよね…。

 

簡単にいうと、自動的に売買の契約チェックが行われるということと、わざわざチェックする人員にかけるお金は全く必要がなくなる、というメリットがあげられます。

 

実はこのスマートコントラクト、イーサリアムにも使われています。

だからこそこのネオは、中国版イーサリアムといわれている所以です。

 

NEO(ネオ)の言語はプログラマーに馴染み深い

また、NEO(ネオ)の言語はPythonやGo、Javascriptで作られています。

これらの言語はとってもなじみ深い言語なんです。

 

簡単にいうと、中国語や韓国語で書かれた通販サイトでネットショップする時どうしますか?

「写真で適当に選ぶよ」っていう人もいるでしょうが、値段や支払い方法とか全部韓国語…。まったくわからないですよね。

 

でも画面の右上に「日本語のサイトにアクセスしますか?」ってボタンがあったら迷いなく押しますよね。

これと同じでネオの言語は、比較的プログラマーならだれでも知っている言語で作られているので扱いやすいんです!

 

以上がネオの特徴です。他の仮想通貨とは一味違い、ありとあらゆる便利なプログラムが使われているんですよ!

 

仮想通貨NEO(ネオ)とGASとの違いは?

 

GAS(ガス)とはなんでしょう?

難しい専門用語が多くて大変ですよね…。でも大丈夫です。

難しくさせているのは専門用語であって、仕組みは意外とこの世界の身近にあるものと似ているんですよ!(と私は思っています…)

 

まずGAS(ガス)には二つの種類があります。

イーサリアムのGASとNEO(ネオ)のGAS(ガス)。

今回紹介したいのはNEOGASであって、イーサリアムのGASとは全く別物なので説明は省きます。

 

NEOGASとはNEO(ネオ)を使用する燃料のことです。

NEO(ネオ)を使用するときにGASを使用することができるのです。

 

仮想通貨を使うときに仮想通貨を…使う?へ?

って摩訶不思議な事が世の中では起きてるんですねぇ(笑)。

 

簡単にいうと、クレジットカードとかのポイントとほぼほぼ同じなんです。

要は「今月〇〇でクレジットカード使うとポイントがついてくる!」みたいなの。

そのポイントを手数料の代わりに使える、みたいなイメージだと思っていただくと手っ取り早いです。

 

NEO(ネオ)クレジットカードで1000円の商品を買ったとき、NEOクレジットカードの使用料として100円の手数料がかかります。

つまり合計で1100円の請求が来るわけです。

この手数料100円の代わりに100GASで払う事も可能です。

100円の手数料の代わりに100GAS使った事になり、NEOクレジットカード会社からの請求は1100円ではなく1000円になります。
イメージはこんな感じです!!

 

なんとなーくわかりました?

 

GASはNEOと一緒に使われるため、基本的にはNEO(ネオ)の価値が上がればGASの価値も一緒にあがります。

だってNEOクレジットカードが世界中1人1枚もっていれば、それほどGASもみんなほしくなりますよね?手数料節約!みたいな。

逆にいうと、NEOがこの世からなくなればGASはなんの価値もなくなってしまいます。

あるとすればコレクターが欲しいから値段が付くとかそれくらいのレベルです。

 

NEOを使用するときにGASを使用するので、逆に言えばNEOを使わなければGASを使う事は絶対にありません。

となると誰も欲しくはなくなり、市場としての価値もなくなるため自然と取引所では売買されなくなるでしょう。

 

また、あくまでGASは、NEO(ネオ)と一緒に使われるトークンで仮想通貨ではないです。

とはいえ、仮想通貨と同じように取引が行われて売買されているので面白いものですね。

 

仮想通貨NEO(ネオ)とGAS(ガス)の取り扱い取引所は?

 

残念ながらNEO(ネオ)とGASは国内取引所では扱っていません。

ではどうやって購入するかというと、国内取引所に現金でビットコイン(BTC)など仮想通貨を 一度購入をして、それから海外取引所の口座へビットコイン(BTC)を送金し、そのBTCからNEO(ネオ)を購入する、という流れなんですよ。

 

なので、まずは国内取引所で日本円でビットコイン(BTC)を購入して準備しておきましょう!

ビットコイン(BTC)を買うなら、bitFlyer(ビットフライヤー)が安心でおすすめです。

 

しかし、海外取引所もたくさんあるので迷ってしまいますよね…。

 

そ・こ・で!

 

NEO(ネオ)とGASの取引にオススメな取引所を紹介したいと思います。
(NEO(ネオ)を扱っている取引所はGASも扱っているのでセットで紹介します。)

 

Binance(バイナンス)

日本ではあまり知られていませんが中国では一番人気の取引所です!

また、今後成長するであろうアルトコインが勢ぞろいの取引所なので 、海外取引所としては活用価値大です!
手数料は世界的にみても、0.1%と破格!

 

また、たくさんの人が使っていますのでたくさんの通貨が売買されているわけです。

自分がこの値段で売りたい!買いたい!とおもっても、誰も交換してくれなければ売買が成り立たないわけです。
Binanceは取引高が世界で一番高いので、どこよりもスムーズに取引が可能です。

 

Kucoin(クーコイン)
2017年に設立されたばかりで香港にある取引所です。

アルトコインの種類も豊富で、手数料も0.1%とBinanceと同等。
日本語対応もしてあるので、日本人取引者数が激増しているそうです!

 

kucoinについてはこちらもどうぞ↓

kucoin(クーコイン)の最新情報、有望銘柄おすすめ5選とは!

 

Huobi(フォービー)

こちらも中国の取引所。100種類以上のアルトコインを扱っています。

また、特徴としてHTという独自のコインを発行しています。

このコインを使うことで、NEO(ネオ)とGASの関係と同じように手数料をまかなえるわけです!お得!

なおかつ日本語にも対応しているため手がつけやすいですね。
登録方法もメールアドレスのみで、簡単に登録することができるので素早く開設することができます。

 

まとめ

今回は「仮想通貨NEO(ネオ)とGASの違いとは?取り扱い取引所を調査!」と題して、仮想通貨NEO(ネオ)とGASの違いについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

まだまだこれからチャンスが狙えるNEO(ネオ)です!

あのクリフ・ハイが作った仮想通貨の将来をいい当てるウェブボットも、「NEOは春、SNSによって急拡大する」と言っていたんですよ。

 

NEO(ネオ)は現在進行中で、まだまだチャンスがあるアルトコインです。

だれにも知られていない草コインをこれから探すのは、ちょっとタイミング的に出遅れているかもしれませんが、 NEO(ネオ)であれば、まだまだ価値が上がる可能性を秘めています。

 

2018年5月現在、2000種類~4000種類あるといわれているコインの中では、10位とされていて価格上昇率は5%!!
少しずつその頭角を見せています。

ぜひ、この機会に購入しても良いかもしれませんね!

 

ストレスなし!「自分で稼ぐ」を体感しませんか?

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

これからもあなたがストレスなしで自分の力で稼げる情報を出し惜しみなくご紹介しますね。

 

これからも末永くどうぞよろしくお願いします!

 

リコの公式LINE@に友だち追加していただいた方に

 

ほぼ投資スキルなしの私でも日給10,000円以上も可能な

 

FX自動売買ツールを限定でプレゼントしています。

 

あなたも月利35%超えのFX自動売買ツールで稼いでみませんか?

 

プレゼントは限定数を達したら突然締め切る可能性もあるので、お早めに手に入れておいてくださいね。

 

いまなら期間限定で無料配布中です!

 

下記はプレゼントが受け取れる公式LINE@のQRコードです。

 

スマホの方はこのQRコード画像を保存して→LINEの友だち追加からQRコードを選択→左下のライブラリから保存しておいたQRコードを選択→追加を押してくださいね。

 

ID検索もできます!⇒LINE@ID: @298gpefx

 ↓  ↓  ↓  ↓