昨年2017年の年末は仮想通貨で億り人になったという報告があとを絶ちませんでしたね。

 

年末年始はビットコインだけではなく、アルトコインも数百倍になったりしましたから、たくさん現れても不思議ではありませんでしたね。

 

ですが億り人になった人はその後どうなったのでしょうか?今回はそもそも億り人とは?仮想通貨で億り人になるには無謀なのか?また気になる税金など調べてみましたのでご紹介しますね!

 

仮想通貨 億り人とは?

仮想通貨界隈でいう億り人とは、仮想通貨で1億円以上稼いだ人のことをいい、2017年は億り人を特に生み出した年でした。

 

昔はビットコインにいち早く投資した人がビットコイン長者と呼ばれ、今でいう「億り人」という存在でした。

 

2017年もビットコインは10倍以上に高騰しましたが、アルトコインはそれ以上に高騰し、数百倍はザラで一年で数千倍になったアルトコインもありました。

 

そのため原資は数万円しかなかった人ですら億り人になったという報告があり、たちまち話題になりました。

 

昔がビットコイン長者であれば今はアルトコイン長者と言っても過言ではありませんね。

 

仮想通貨で稼いだお金はしっかり申告して税金を納める必要があります。その税金の額も相当な高額であり支払うのをためらうほどです。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、2018年になってからのすべての仮想通貨が大暴落しましたよね。これにより億り人は一体どうなったんでしょうか。気になるところですね。

 

仮想通貨 億り人の人数、その後、税金は?

報告によると日本で仮想通貨で億り人になった人は549人いるようです。

 

ですがこれはあくまで報告された億り人ですので、実際にはもっといると思います。もしかしたら1000人近くいるかもしれませんね。

 

そして億り人になった際の税金ですが、仮想通貨は現在は雑所得として扱われるため、所得税が45%・住民税が10%で合計55%の税金を納める必要があります。

 

仮に1億円を仮想通貨で稼いだとしてそこから55%差し引かれるので、手元に残る資金が4500万円、税金で5500万円持っていかれる計算ですね。こう考えるとすごい税金です。

 

ですが、この税金を納められず自己破産をした仮想通貨元億り人も存在します。

 

確かに2017年はものすごい高騰を見せましたが、2018年1月末からの大暴落で、稼ぎが1億円あった人がいきなり0になった人もおそらくいるのではないかと思っています。

 

そうなってしまうと税金なんてとても払えませんよね。あくまで仮想通貨で稼いだだけであり実業で稼いだわけじゃないんですから、実業の稼ぎで税金を払うのは厳しすぎるのはないでしょうか。

 

そう考えるとなかなか恐ろしいですね。

 

ちなみに、税金をすべて支払った状態で資金を1億円以上残すには、2億1000万円以上稼ぐ必要がありそのことを考えると、税引きで億り人になるにはかなり難しいでしょう。

 

先ほども少し話しましたが、もし1億円の利益を仮想通貨で出したとしても税金の関係で手元には4500万しか残らないため、本当の億り人を目指すならその倍以上稼ぐ必要がありますね!

 

仮想通貨 億り人にこれからなるには無謀か?

ところで、仮想通貨の億り人にこれからなるには無謀なのでしょうか?

 

今はなかなか仮想通貨全体が高騰しない時期ですが、これから億り人になることは無謀ではありません。

 

ただし2017年とは違って、株取引や為替 FX で経験を積んだ投資家が多く参加しているため、簡単に億り人になることはできないでしょうね。

 

今は値動き(ボラティリティ)も少なく、現物取引で億り人になるためにはそれなりの元手が必要だと思われます。

 

唯一、一発逆転を狙うとすれば ICO に参加することですが、 ICO も今は難易度が高く、しっかり投資先を選定しないと ICO 価格割れで損をすることになってしまいます。

 

現に期待されていたヒーロートークン(HERO)やウービット(WWB)・シボム(OMIX)など軒並み ICO 価格割れを起こしているので、将来を見据えた投資をしないと、うまく資金を増やして億り人になることは到底無理でしょう。

 

ただ仮想通貨を利用して、億り人になるチャンスをいくつかあります。それは仮想通貨事業を進めている企業の株を買うことです。

 

仮想通貨は今でこそ価格が停滞していますが、裏では様々な企業が開発をしています。そのことを考えると、仮想通貨そのものやブロックチェーンに対して投資している企業の株を買っておく手もありますね。

 

仮想通貨で億り人になるといっても仮想通貨そのものにこだわる必要はないので、こういった別の視点からものを見るのも面白いですね。

 

*企業関連の情報はこちらをどうぞ

 

まとめ

今回は「仮想通貨 億り人になるには無謀か?その後税金など調べてみた」と題して、億り人についてお話しましたが、いかがでしたか。

 

昨年2017年の年末はバブルそのものだったので、仮想通貨で億り人になった人もたくさんいましたが、今年は相当少ないと思われます

 

少なくとも2018年に入ってから6月までで億り人になったという人は、 FX でリスクを取っている人か ICO なので、一発当てた人がほとんどになると思われます。

 

そういった人たちでも、元手が数百万円だったり数千万円だったりと、それなりに投資していると思われます。

 

ですがチャンスこそはこれからまたいくらでも出てくると思うので、またその時になったら一気に勝負に出てみると良いでしょう。もしかしたらその時に億り人になれるかもしれませんね。

 

ストレスなし!「自分で稼ぐ」を体感しませんか?

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

これからもあなたがストレスなしで自分の力で稼げる情報を出し惜しみなくご紹介しますね。

 

これからも末永くどうぞよろしくお願いします!

 

リコの公式LINE@に友だち追加していただいた方に

 

ほぼ投資スキルなしの私でも日給10,000円以上も可能な

 

FX自動売買ツールを限定でプレゼントしています。

 

あなたも月利35%超えのFX自動売買ツールで稼いでみませんか?

 

プレゼントは限定数を達したら突然締め切る可能性もあるので、お早めに手に入れておいてくださいね。

 

いまなら期間限定で無料配布中です!

 

下記はプレゼントが受け取れる公式LINE@のQRコードです。

 

スマホの方はこのQRコード画像を保存して→LINEの友だち追加からQRコードを選択→左下のライブラリから保存しておいたQRコードを選択→追加を押してくださいね。

 

ID検索もできます!⇒LINE@ID: @298gpefx

 ↓  ↓  ↓  ↓