仮想通貨を始めた人だったらICOやアルトコイン、トークンなどの専門用語をよく目にするのではないでしょうか。

簡単な言葉でも、今まで見たことのないような単語を一つ一つ勉強していくのは大変ですよね。

では今回は仮想通貨を売買するうえで、基本中の基本、トークンセール(ICO)とは何か?IPOとの違い、ICO詐欺の実態について、わかりやすく紹介しますね!

スポンサーリンク

仮想通貨のトークンセール(ICO)とは?

 

トークンセール(ICO)でお金を借りる!

ICO(別名:トークンセール)とは「Initial Coin Offering」を省略した言葉です。

 

これから事業をどんどん拡大していきたいと思っている企業がお金を調達するための事です。

要はお金を貸してくれる人を集めるためのものです。

 

「ごめん!5万円貸して!必ず6万円返すから!」と友達にいわれたとしましょう。

 

それと結構似ているところがあって5万円を手にした友達はパチンコなり、競馬なり、アルバイトをするための費用だったり5万円を何かしらに使っているわけですね。

その5万円で6万円作る事を成功したので、借りた人に貸したお礼として1万円プレゼントしているわけです。

 

会社も同じで「あれでお金稼いだり、こうやって儲けたりするつもりです!

 

だけどそれをするお金もないからとりあえず貸してください!」とお金を貸してくれる人を募って実際に儲かったら貸してくれた感謝として借りた人にお金を還元するという事を新規公開(Initial offering)と言います。

これが仮想通貨、つまり電子データ上の通貨で行われているわけです。時代は本当に進みましたよね…。

 

企業はお金を借りた証明として代わりに、トークンや仮想通貨を借りた人にお金と交換します。
このトークンは仮想通貨と交換できるので、借りた人にとっては価値のあるものとお金を交換したという事ですね。

トークンを売って、仮想通貨を集める。なのでトークンセール(トークンの販売)と言われています。

 

お金をいくら貸しているか、その価値も変わってくる

また、この仮想通貨やトークンは常に価値が変わっていくものなのです。

 

なぜかというと事業が拡大すれば拡大するほど「お金貸してくれてありがとう!」と返してくれるお金が増えるのです。

 

例えば5万円貸した友達に「なんかめっちゃ儲かっちゃったから7万円返すわ」と言われ、2万円ゲットできたらどうでしょう。
自分は何もやっていないのにラッキーで2万円ゲットできたわけです。

それを聞いたほかの人が「え?あいつに5万かしたら2万プラスで戻ってくんの?」とみんなお金を貸したくなるわけです。
でも、実際にお金を貸すのはいまいち不安ですよね…。

だって本当に戻ってくるかわからないし…。

 

そんなときに使えるのがトークンです。

いわゆる「私はあなたに5万円貸しています。その変わりに5トークンください。」と交換性を設ける事によって、1万円貸している証拠=1トークン。

 

このトークンを持っていれば2万円戻ってくるかもしれないし、もしかしたら競馬がめちゃくちゃ成功して3万円戻ってくるかもしれないのです。
とりあえず「1万円貸してますからねぇ~」っていう証明がトークン。

 

そうなるとより多くの人がそのトークンを欲しくなります。
「1万円貸してる証明書」を持っていれば2万円戻ってくるかもしれないし、3万円で戻ってくるかもしれません。

もっといえば2トークン、3トークンもっていればその分お金を貸しているということなのでより多くのお金が戻ってくるかもしれません。

 

ある頭の良い人が「あなたたちはこれを持っていれば2万円とか3万円戻ってくるかもしれないんだから、この1万円貸してる証明書を2万円であげます!」といったとしましょう。

 

この時から「1万円貸してる証明書」の価値が1万円から2万円に変わってくるわけです。
だからトークンの価値は常に変化するのです。

 

なんだかちょっと面白いでしょ?

こうやって考えればトークンや仮想通貨が毎日毎日値段が変わっていくのがわかりますよね!

その一番最初に行われる「将来はもっと良いもので返すのでとりあえずお金貸してください!」という一番最初の段階がICOです。

ICOによって一般の人が、その貨幣を売買する事ができるようになります。
ある通貨のICOは、30秒とかで全部のトークンが売切れたりするんです。

将来それほど価値が上がると思われているということになります。

 

世の中は欲しい人がいればいるほど、どんどん価値って高くなっていくんですよねぇ~。

私が月利27%稼いだ方法

 

仮想通貨のトークンセール(ICO)とIPOの違いは?

 

IPOは株式、ICOは仮想通貨

ICOとIPOはかなり似ているところがあります。

事業を拡大させてしっかり利益が出たらお金返すのでいったんお金を貸してください!という流れまでは一緒です。

 

ただ、違うのはIPOはお金を貸してくれた証拠として株式を発行します。

ICOの場合はトークンセールと言われているようにトークンを発行します。

IPOの場合は数が決まっていて、新たに資金調達をするためには株式を増やします。
そうするとまだ持っていない人から持っている人の数が増えるので、「欲しい!」という人の割合は自然と減り、1株自体の価値は下がってしまいます。

 

しかし、ICOは自社のブランドとしてトークンを発行しているので価値が下がることはないのです!

IPOに参加する場合は証券会社から抽選などで選ばれます。
ICOも同じでツイッターやSNSに投稿して「こんなトークンがあります!」と宣伝することで価値を上げ、その変わりICOで発行したトークンを抽選でもらえたりできます。

 

ホワイトペーパーは事業計画書

けれど注意しないといけないのがホワイトペーパーです。

このホワイトペーパーは「事業計画書」でもあります。

株式の場合は「我々は将来こんな事をするんです。

儲かると思うでしょ?だからお金を貸してください!」と、IPOをする前に必ず事業計画書を一般公開します。

 

この事業計画書に当たるのが「ホワイトペーパー」。

 

どのようにトークンを分配するか、事業を今後どのように拡大するかなど、綿密に記載されています。

そのホワイトペーパーをみて、「あ、これなら売上上がってお金が戻ってくる可能性が高いな」と判断できるわけです。

 

仮想通貨のトークンセール(ICO)詐欺の実態!

 

トークンセール(ICO)で仮想通貨を手に入れた場合、上場後よりもずっと価格が安く買えます。

ただ、全員がICOに参加できる権利はなく人数は限られています。
「俺も欲しい!けどまだ買えない!」という人がほとんどなので、ICOに参加できることは非常にラッキーなのです。

 

トークンセール(ICO)に参加して、1円以下で買えるコインが市場に出回ると、「俺も欲しい!お金は払うから!」という人が増え、150倍まで増えたコインもあります。

その人間の欲を逆手にとり詐欺が横行しているのも事実です。

 

例えば、「ICOの権利を得られました!この仮想通貨は即100倍になります!もし参加権利が欲しかったらお金を送ってね♪」というもの。

いやー、確かに1万円を100万円にできる権利をつかめるならちょっとくらい…。と入金してしまったり詐欺に引っかかってしまうんですね。

 

こういったICO参加権利をうたうようなものは、大体詐欺が多いです。

っていうか、ICO参加できるなら自分が参加すればよくないっすか?(笑)

100倍儲かるなら、ICO参加権利(セントラリティっていいます)売るより自分で参加して、100倍にしたらええやんって思いますけどね(笑)

 

また、超悪質なICO詐欺になると、「○月○日上場が確定しているトークンを無料で配布します」とネットをつかって宣伝し、メルマガやLineに登録させ、数日間、ニセのICO情報をガンガン毎日流します。

 

最終的にどうなるかというと、その権利を得るには、20~30万円もの高額塾(または高額なコミュニティ)への入会が条件となっていたりして、かなり悪質なトークンセール(ICO)詐欺もあるようです。

 

特に、そういう会社の所在地が海外になっている場合は要注意です。

つまり、数千万~数億円の資金を集めるだけ集めたら、万一「だまされた!」と気が付いた人たちが返金請求しようと連絡しても、もう彼らはその集めた大金をもって海外へ逃げて連絡がつかなくなる、という可能性があるんですよ。

 

仮想通貨が身近になればなるほど、こういうトークンセール(ICO)詐欺は残念ながら横行してしまいます。

みなさんも注意しましょう!

まとめ

今回は「仮想通貨トークンセール(ICO)とは?IPOとの違いや詐欺横行の実態!」と題して、仮想通貨のトークンセール(ICO)についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

トークンセール(ICO)の仕組みがいろいろとお分かりいただけたでしょうか。

トークンセールは需要と供給がうまく成り立ってできています。

世の中って本当にうまくできてるなぁーって感心しちゃいます(笑)

 

これは、株式の話ですがIPOだけで億万長者になった人はたくさんいるんですよ!

何よりもその参加権利を獲得するのがとても難しい…。

 

だからといって詐欺に引っかかってはいけません!

人の欲しい欲しいという心理に付け込んでくるのが詐欺ですから十分注意する必要があります!

最近では様々な手法でトークンセールを行っているので最新情報のチェックは常々しておきましょう!

私が月利27%稼いだ方法

スポンサーリンク

 

0円起業して投資資金を確保しませんか?

FXなど投資をするには、最低資金となる種銭も必要になってきます。

 

やはり投資と名がつくものにはリスクが付きものですので、万一失ってもいい余裕資金で運用したいですよね。

 

もしお給料のほかに、あと5万・10万円増やせたら、リスクを気にせずもっと気楽に投資できますよ。

 

「でも、どうやって増やすの?」

あなたはこう思うかもしれません。

 

実はネットを使える環境があれば、PC初心者の方でも無理なく稼げる方法があるんです。

 

あなたも0円起業して投資資金をネットで稼いでみませんか?

 

いまなら無料で教材とツールがコンテンツページからダウンロード可能です。

 

教材とツールの内容は・・・

・たった1週間で1日1万3734円稼いだ究極ブログアフィリノウハウ&ツール

・たった2週間で1日3万5777円稼いだyoutubeアフィリノウハウ&ツール

・月収100万円以上稼いだダイレクトレスポンスマーケティング教材

・amazonの電子書籍で稼ぐノウハウ など

 

こちらの内容にプラスして、日数無期限&回数無制限のサポートも完備し、たいへん豪華な内容になっています。

 

実際にこちらは9万9000円で販売していたもので、実績報告が続出しているノウハウなんですよ。

いまなら期間限定で無料配布中です!

 

ちなみにこちらのサポート付き教材とツールは、今後予告なく有料に戻ってしまう可能性もありますので、いまのうちにダウンロードしておいてくださいね。

 

あなたもネットで稼げるノウハウやスキルを手に入れて、運用資金を確保していきましょう!

 

下記のリンクからメルアドを登録して、サポート付き人気教材を受け取ってくださいね!

*いつでもメルアドは解除できます。ご安心くださいね。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

スポンサーリンク