仮想通貨を取引せずに入手する方法として、マイニング(採掘)があるのは知ってますか?仮想通貨取引経験がある方なら、やったことなくても聞いたことはありますよね。

 

しかし、そのマイニングが悪用される事例が急増していて、勝手に他人のPCなどの端末を使ってマイニングさせるなど、マシンパワーを利用されることも増えてきています。

 

これならまだ可愛い方なんですが(良くないことですけど笑)、それ以上にやばいマイニングウイルスが蔓延し出しました。この記事でカンタンにおはなししますが、相当やばいので気をつけてくださいね。

 

仮想通貨のマイニング(採掘)とは?

そもそも、仮想通貨のマイニング(採掘)についておさらいしておきましょう。

 

仮想通貨は、それだけではただのデジタルデータであり何の価値も持ちません。その価値を証明するために行われるのがマイニングです。マイニングでは大量のマシンパワーと電力を消費するので、仮想通貨はタダで手に入れることができないのです。

 

少しわかりやすい例を出すと、実物の金に似ています。金は別に需要過多な資源ではないんですよ。

 

もし需要過多であれば、富裕層がたしなむような純金像とか、とうてい作れませんよね。もったいないですから(笑)

 

金の価値って、ズバリ入手しづらい(希少価値)が物語ってるんですよ。当然需要による価格変動もありますが、希少価値があるからこそ高い価格を維持しています。

 

少し長くなりましたが、これはビットコインなどの仮想通貨にも同じことがいえます。

 

仮想通貨は、供給量のインフレを防ぐためにマイニング(採掘)できる通貨枚数が決まっており、その数は一定期間で減っていきます。採掘量が減ると入手量も減るので、必然的に希少価値が上がるということなんですよ。

 

近年はマイニング参入者も多いため、希少価値は更に上がっていますね。個人で利益を出すには難しそうです。というかメジャーなビットコインなどでは無理ですね。

 

仮想通貨のマイニングでウイルスがスマホを破壊!

ここで本題、実は最近「マイニングをすれば儲けられる」という隙を突いたクラッカーが、スマホを破壊するという、とんでもないウイルスを作りました。「怖い!」一瞬で生活必需品が文鎮になるとか考えたくないです。

 

そのウイルスの名前は「Loapi」で、モネロ(Monero)という仮想通貨を勝手にマイニングするウイルスです。

 

勝手にマイニング(採掘)にスマホが使われたあげく、そのマイニングの成果は全てウイルス作成者に送られてしまうという、だれも得しないウイルスなんですよ。それだけなら物理的な実害はないので「やられた~」で済む話ですが、問題はここからです。

 

長時間に渡って高負荷をかけられて、スマホが物理的に破壊される

は?「ふざけんな」って話ですよ、これ。

 

スマホで3Dゲームなど、バッテリーを多く消費する(高負荷がかかっている)アプリを使っていた人ならわかると思いますが、スマホがけっこう熱くなりますよね。

普通のアプリであれば、スマホのCPUを限界まで使い込むことはほとんどありません。

 

さらに、ホーム画面に戻ったり、スリープモードにしたら低負荷状態に戻るので、高負荷状態でスマホが壊れるということは、まずありえないんですよ。

 

ですが、Loapiなら話は別です。

Loapiは容赦なくCPUを限界まで使い込み、さらにスリープ状態だろうかホーム画面にいようが関係ありません。つまり休むことなく高負荷状態が維持されるんですよ。

 

こうしてスマホに熱が徐々に溜まっていき、最終的にはオーバーヒートします。最悪の場合は中のパーツが溶けてるんじゃないでしょうか。ウイルス研究でわざと感染させたスマートフォンは、2日でバッテリーが爆発したそうです。

 

気づいたときにはもう遅いといっていいくらいのやばいウイルスですが、いくつか対策する方法はあります。結構簡単なのでやっておくといいですよ。

 

ウイルスからスマホを守る対策はあるの?

少なくともLoapiは、広告やウイルスが仕込まれたサイトにアクセスすることで感染してしまいます。

今は対策されているかと思いますが、ウイルスはLoapiだけとは限りませんので、いくつか対策方法を紹介しておきますね。

 

仮想通貨関係のアプリをインストールしない

これは絶対です。

Apple Storeは、仮想通貨関係の審査基準を非常に高くしているので安心できますが、Google Playは、審査が緩いためそのような取り締まりもありません。

 

つまりウイルスアプリをリリースしてもバレない時があるんですね。
特に仮想通貨はマネーロンダリング(資金洗浄)しやすいぶん狙われやすいので、仮想通貨アプリには関わらないようにしましょう。

 

セキュリティソフトを入れておく

Webサイトや広告から感染するリスクは、セキュリティソフトを入れて防いでおきましょう。そして、アクセスしたいサイトがあったとしても、危険なサイトと診断されたら絶対にアクセスを拒否してくださいね。

 

警告された上でアクセスして感染したとなったら大変!って話です。

 

まとめ

今回は「仮想通貨マイニングでウイルスがスマホを破壊する実態&対策法とは?」と題して、すこし怖くなるような実態をご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

ほとんどのウイルスは多少の知識や警戒心があれば防げます。一番怖いのは…好奇心でしょうか。

 

私も好奇心結構ある方ですけど、ウイルス感染リスクのあるものは全部スルーです。ウイルス感染してムダな出費を作らないためにも、日頃から気をつけてくださいね。

 

ストレスなし!「自分で稼ぐ」を体感しませんか?

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

今後もあなたが「ストレスなし」自分の力で稼げる情報を出し惜しみなくご紹介しますね。

どうぞよろしくお願いします!

 

リコのLINE@に友だち追加していただいた方に

ほぼ投資スキルなしの私でも日給10,000円以上も可能な

FX自動売買ツールを限定特典としてプレゼントしています。

 

あなたもFX自動売買ツールで日給10,000円を稼いでみませんか?

 

プレゼントは限定数を達したら突然締め切る可能性もあるので、お早めに手に入れておいてくださいね。

 

今なら限定数を無料配布中です!

 

リコの直通LINEはこちらからどうぞ♪

友だち追加

 

PCの方はQRコードから追加できます!

ID検索もできます!⇒LINE@ID: @298gpefx